MENU

管理薬剤師について

 

医薬品を取り扱う専門的な知識を必要とされる薬剤師ですが、薬剤師の中にも管理薬剤師というポジションが存在しており、基本的には薬剤師の資格さえあればそれ以上の資格や経験などを求められることはなく、その名の通りに管理することを意味しており、製薬会社と調剤薬局では、同じ管理薬剤師でも仕事内容や求められる事柄に違いが生じています。

 

まず製薬会社の場合、オフィス内にある製剤見本の管理をすることが一番の仕事です。製剤見本とは成分もしっかり含まれている本物の薬剤ですが、外観などを確認するために見本として扱うもののことです。この製剤見本の管理が基本的な仕事であり、薬に関する知識の説明などはとくに必要ありません。そういった薬学的な説明などに関しては、別の職種である学術と呼ばれる人たちが受け持っており、それゆえに時間に余裕がある場合も多く、一般的な事務の作業などのフォローをしている管理薬剤師なども存在しています。

 

一方、調剤薬局での管理薬剤師については、こちらは薬剤について詳しく説明したり、深く掘り下げるといった薬剤師としての仕事はもちろん、他の薬剤師や従業員が法令通りに仕事をしているのか監督するといった立場でもあり、さらに薬の保管や有効期限などをチェックするといったことも実施します。それゆえにどちらかといえば調剤薬局の管理薬剤師の方が一般的にイメージしやすい仕事内容であり、製薬会社よりも忙しい傾向にあります。しかしならが患者と直接接することもできますし、薬剤師としての知識を存分に活用できるといったメリットもあるため、やりがいを感じる薬剤師も多い傾向にあります。

 

このように管理薬剤師といっても働く場所によって仕事内容にも違いがありますが、やはりどちらの仕事も薬剤師としての知識や資格は必要不可欠です。ちなみに製薬会社でもっと薬学に関する知識を活用したい場合は、管理薬剤師ではなく学術の募集に応募してみるといった方法もあります。

 

 

管理薬剤師なら年収もキャリアもアップ

 

薬剤師の中には一般の調剤などを行う業務と、管理薬剤師と呼ばれる業務があります。管理薬剤師は医薬品を扱う施設において必ず1人はおかなければいけない立場であり、そこで働く薬剤師の管理や調剤の業務の管理など薬剤全般に関わる仕事の管理を行うことができるものです。その責任は非常に重いのですがそのかわり年収も比較的高くなる傾向があり、薬剤師の資格だけでは行うことができない高度な業務に就くことができるのが大きなメリットです。

 

そのため管理薬剤師は一般の薬剤師に比べ特殊な資格が必要と考えられている場合が多いのですが、実際には薬剤師の資格の中に管理薬剤師と言うものはありません。すなわち業務に対応できるスキルを持っている人であれば誰でも管理薬剤師になることができるのです。しかし管理薬剤師の業務は一般の薬剤師の業務に比べ多岐にわたり、例えば薬剤に関する患者からの質問に薬局を代表して回答したり、様々な投薬の方針などを総合的に判断したりと専門的な業務を行わなければならないことが少なくありません。そのため非常に煩雑な業務を行う立場となるのですが、その分スキルも向上し様々な知識を得られる点が大きなメリットとなります。

 

さらに管理薬剤師の場合には施設によって異なりますがおおむね4万円から6万円の手当がもらえることが多くなっています。さらに週に40時間以上勤務していなければならないと言う条件もあるため、その分手取りも上昇すると言う傾向があり年収が大きく増える可能性が高くなります。

 

薬剤師の中には複雑な業務を行うのが困難と言う人も少なくありません。そのため外部から求人を行う医療機関も増えています。しかし最近では患者と対面し投薬に関する説明をしっかりと行わなければならないことになっているため、ほとんどの人は顧客対応も行わなければならなくなっています。そのため管理薬剤師との業務の違いがあまりなくなっていますが、それでも責任者として非常に重要視されている仕事でもあります。そのためやる気のある人にとってはキャリアアップと年収アップにつながるものとして注目されています。

 

 

管理薬剤師の仕事

 

薬局や店舗といった薬剤を取り扱う環境下で管理を行いつつ業務の全てや従業員の指導、管理に至るまでを賄うのが管理薬剤師です。
薬剤師と言えば世間一般からのイメージも含めて調剤をメインにしている印象ですが、管理薬剤師の仕事については全体のとても広い範囲に携わる特徴があります。
統括を担当するという意味合いもある事から法律により医療施設をはじめ調剤薬局やドラッグストア、製薬会社や医薬品を製造し販売を手がける機関には管理薬剤師を在籍させることが決められています.

 

 

一般的に身近なのはチェーン店の薬局などですが、経営者は薬剤師としての資格を有している必要性が無いものの、1店につき必ず1人管理薬剤師を手配しておかなければなりません。
こうした様子から一定の年数の経験を積んだベテランしか仕事に携われなかったり、新たにより一層高度な資格取得を目指さなければならないように感じられるのですが、別途試験を受け直すといった必要性はありません。

 

ただし、自発的に薬事法を含む法律について学んだり保健医療というような、これまでは重要視しなくても仕事に支障が無かった知識も習得していかなければ現場で対応できません。
そして調剤薬局のように室内の奥に位置している空間で処方箋を目にしながら調剤していく仕事のみに関わらず、患者と直接触れ合ったり店員や経営者と交流するようになるので圧倒的にコミュニケーションを取る機会が増加します。

 

そのため、コミュニケーション能力が求められますし相手の希望や要望を汲み取り反映するといったマネジメント能力も必要です。
管理薬剤師になるのには職場において活躍ぶりや能力が認められて昇進したり、既にお世話になっている方から声をかけて頂き既に居る方の引き継ぎとして指名される事例が多いです。
そのため管理薬剤師を希望して転職活動するという様子は見られず、なりたいのであれば全ての根源である薬剤師に転職してからステップアップしていきましょう。

 

 

管理薬剤師になる方法

 

管理薬剤師になるは薬剤師の資格を持っていることが必須条件となっていますが、実はそれ以外の法的に必要な条件はありません。つまり、薬剤師になってしまえばだれでも管理薬剤師になることはできます。といっても、仕事内容は医薬品の管理、調剤などをはじめ、従業員の労務管理、さらに医薬品に関する法律などに精通している必要もありますし、患者さんの医療保険制度なども十分理解していなければなりません。要するに薬剤師として医薬品に関する責任者として働かなければなりません。

 

したがって、全く実務経験がないとなかなか十分に務まるものでもありません。さらに、ただ仕事ができればいいというものでもなく、従業員とのコミュニケーション能力など働いている人たちの雰囲気を決めるのも管理者のやり方一つで大きく変わってきてしまいます。それなりのスキルだけでなく人柄などもとても重要なため、少なくとも数年間の実務経験がないと、なかなか管理薬剤師として働くことは難しいですし、仮になれたとしてもかなりの努力が必要になってきます。

 

では、管理薬剤師になる方法としてはどのような道があるのでしょうか。近年、増加傾向にあるのがドラッグストアや病院近く、あるいは街中にある調剤薬局からの募集です。特に調剤薬局はチェーン店化されている薬局が増加しており薬剤師も需要と供給から言えば需要が多くて人手不足の傾向がありますので多くの募集が出ています。

 

実務経験が少なければまずは薬剤師としてそのような企業や薬局などに就職し、将来的に管理薬剤師を目指し、必要な経験を積みながら仕事を覚えてゆき、やがて自分のスキルがアップしてきたら管理薬剤師としてステップアップできるかもしれませんし、経験を積んだ後に再度転職の際に管理薬剤師として働くことができるでしょう。現在は薬剤師転職専門のWebサイトや仲介業者も多くあります。公開されていないような求人も少なくないため、このような手段を使って管理薬剤師として働くことも可能です。"


T1(821)
山口県
茨城県
滋賀県
島根県
兵庫県
京都府
長崎県
宮城県
長野県
沖縄県
奈良県
北海道
香川県
山梨県
静岡県
愛知県
岡山県
高知県
福井県
三重県
新潟県
佐賀県
愛媛県
大分県
徳島県
鹿児島県
青森県
神奈川県
岩手県
石川県
鳥取県
大阪府
秋田県
東京都
和歌山県
熊本県
宮崎県
福岡県
福島県
山形県
岐阜県
富山県
群馬県
千葉県
栃木県
広島県
埼玉県
T2(821)